20代 面白い話

母に温かいお弁当を頼んだら○○が入ってた話

投稿日:2016年11月19日 更新日:

(SEIYA 男 20代)の投稿

僕は高校時代、母親にお弁当を作ってもらっていました。

冬の時期の悩みはお弁当が冷たくなってしまうのに、学校にはレンジがなかったことです。

そのため、お小遣いで保温ジャー型の弁当箱を購入し「明日から温かい弁当が食べたい。」と母親にリクエストしてみました。

すると母親は眉間にシワを寄せながら「しかたないな~」と渋々承諾してくれたのです。

次の日、温かい弁当を食べられる幸せを共感してもらおうと周りに同級生を集めて、意気揚々とフタをオープンしました。

それはもう羅王の「我が生涯に一点の悔いなし!!」のシーンを彷彿とさせる勢いでした。

「ブフォッ」、「プププーッ!!」と吹き出す周りの友人たち。

視線を弁当箱にうつすと ・・・

スープin状態のインスタントラーメンがビチャビチャに伸びきった状態で弁当箱に詰められていました。

フォック
いやいや、お弁当箱にインスタントラーメン入れるって何だよ!w

"SEIYA"さんのお母さんは絶対に天然ですねw ちょっとかわいいミスです。

-20代, , 面白い話